2020年10月07日

羽毛掛布団の仕立て直しについて

10月に入り、だいぶ肌寒くなりましたね、当店でも、毛布や冬用のお布団を購入されるお客様が多くなってきました。
皆様も急な温度変化で風邪等ひかれぬようにご注意ください。

話は変わりますが、本日は、羽毛掛布団の仕立て直しについて掲載させて頂きます。

羽毛掛布団をながくご使用された際、汚れ傷防止でカバーをご使用頂くとは思いますが、それでも少しずつ、生地やなかのダウンも磨耗し傷んだり、保温性が悪くなってきます。その為定期的に羽毛ふとんをチェックし、仕立て直し、もしくは買い換えをご検討頂く事をおすすめします。


鳥羽毛かけふとんを仕立て直す際、良くあるご質問として、「同じ生地を使用できますか?」と聞かれますが、一度縫製した生地は、穴があり、羽毛が出てしまう為、再利用はできません。

鳥また、「他の方の羽毛と一緒にになりませんか?」とのご質問もお受けしますが、当店が依頼しているメーカーは、1枚づつ対応しているため、その心配はございません。 

そんな羽毛掛布団の仕立て直しですが、当店としては、お客様の羽毛掛布団がより良い物に仕立て直しされるよう努力したいと考えております。

そこで仕立て直しをする際のポイントですが、

1.仕立て直す掛布団の生地について
  
新品もそうですが、羽毛を包む生地により、軽さや吸湿性、フィット感が変わります。
少し高くなりますが、綿生地を選ばれたほうが良いと思います。綿生地も色々あります。

2.羽毛の洗浄について、  

羽毛の洗浄についてですが、ながく使用されている場合は、羽毛自体を洗浄する事で、よごれ、細かくなった羽毛の一部を取り除く事ができます。その際、羽毛が減りますので、足し羽毛をお勧めします。

お客様の予算のご都合もあるかと思いますが、使用されていた羽毛に近い内容を足し羽毛されたほうが良いと思います。

また、使用されている期間が短く、生地のトラブルの場合、生地だけの交換も承ります。 


3.羽毛を仕分けるキルトについて  

羽毛掛布団は中に充填されている羽毛の仕分け方によって、着心地が変化します。その為、フィット感や軽さなど、着心地が気になる方はキルトもチェックされると良いと思います。

キルトは各メーカーにより異なる為、可能なものと、可能でないものもあるかもしれませんが、当店は、今後出来るだけキルトの対応を増やしたいと考えております。

4.ふとんのサイズや羽毛の量について  

サイズの変更や羽毛量の変更も可能です。ただし、解体料金は、ふとんの詰め物量に限らず、サイズにあわせて1枚づつ、かかりますので、2枚を1枚、3枚を1枚等はよくご検討ください。

5.仕上がるまでの日数 メーカーにもよりますが、まとめて行わない為、3週間から1ヶ月程かかります。


現在、当店が羽毛仕立て直しを依頼しているためメーカーや業者は2社ですが、仕上がりに関係する生地やキルトの種類を増やすべく、メーカーを増やしていきたいと考えております。

羽毛仕立て直しをお考えの皆様、是非当店にも一度ご相談くださいわーい(嬉しい顔)






posted by 快眠工房 at 20:13| 日記