2021年09月17日

寝具も組み合わせが大切です。

 台風が近づいていますね。富山も風が強く吹いています。場所によっては激しい雨が降る恐れもあるそうです。皆様、河川の増水や土砂災害にお気を付けください。

 話は変わりますが、本日は、寝具の組み合わせの重要性について投稿させて頂きますぴかぴか(新しい)

 きっかけは、先日お世話になっている(株)クエストリーさんのオンライン意見交換会に参加させて頂いた際、ハンバーガー研究家でもある白根さんのグルメバーガーについてのお話を伺った事です。

「ただ、具を挟むのではなく、食材の触感や温度に配慮した配置から、ビルドした時の見た目の美しさや口内調味による味の交わりまで計算しつくす」

 ハンバーガーは奥が深いと感じ、同時にグルメバーガー食べてみたいとおもいましたわーい(嬉しい顔)

 少し違うかもしれませんが、寝具もにたような所があるように思います。最近は、掛ふとんや敷布団 また、マットレスも高品質な物が増え、その商品単品でも快適に使用頂ける商品が多いです。

 しかし、その商品に装着するカバーの品質や特性によって、よりその商品の良さを引き出す事も可能です。
 
 また、掛ふとんと毛布を一緒に使用する場合使用される方の体質によって、おすすめの素材や毛布の位置(掛ふとんの上、もしくは掛ふとんの中)も変わります。

 ちなみに、汗をよくかく方は薄く、体になじみやすく、汗を良く吸う天然素材(綿、シルク、ウールやカシミヤ等)を掛ふとんの中に入れる方法がおすすめです。

 とくに暑がりな方は脱脂綿入りガーゼケットをお布団の中にいれるのもおすすめです

 お持ちのお布団の保温性を毛布を使用して上げる場合は掛ふとんの上に毛布をのせると保温性がアップします。とくに、羽毛ふとんの場合は、お布団に移った暖かい空気が密閉されるため、暖かいです。
 ただし、暖かさが上がる半面、フィット感も上がるので、ご使用される方が重く感じない程度の物を上にのせると良いと思います。

 その他、敷布団やマットレスについてですが、1枚でも体を均等にしっかり支えてくれる高機能敷寝具が色々あります。当店の場合は、(マニフレックスやムアツ敷ふとん、ダブルウエーブ敷布団等)
 
 その敷寝具に更なるフィット感や吸湿性、保温性を追加して、より快適におやすみ頂く方法もございます。それは、敷寝具の上に様々な薄手のパットを組み合わせることです。

 抗ウイルス効果のある寝心地アップのマニフレックスヴィロ ブロックトッパーや最高品質のウールと通気性の良い、高品質のコットンを使用し、湿気を熱に変えることで、蒸れずに、保温性の良い ビラベックウールパット等があります。

 一つ一つの商品もとても良い物でおすすめですが、お客様の状況やご要望にあわせて色々組み合わせることにより、さらに快適におやすみ頂けると思います。

 私(小林)を含めて、まだまだ、至らぬところが多いですが、色々な組み合わせを考え、自ら体験し、バランスの良い快適の寝具をお客様にご提案させて頂けるように頑張りたいと思います。

 お客様も、ご来店の際はご遠慮なく、色々な組み合わせを体験コーナーにてお試しください。

  皆様のご来店、お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

 


 

 
 
posted by 快眠工房 at 17:30| 日記