2024年02月12日

睡眠をより快適にする為に寝床内の湿度対策について考える

 3連休も本日が最終日ですね。お仕事の方、ゆっくり過ごされる方、好きな事を楽しまれる方、ボランティアをされる方等様々かと思います。皆様、出来る限り栄養を取り、ゆっくり眠って明日からも元気にお過ごしください。

話は変わりますが、本日は寝床内の湿度対策について投稿させて頂きますぴかぴか(新しい)

 皆様もご存じかと思いますが、個人差はありますが、人は寝ている間にかく汗の量はおよそコップ1杯分と言われています。気温や睡眠時間によってはより多くの量の汗をかく事もあるかと思います。汗をかくと湿度があがり、湿気がこもるとさらに汗をかくようになります。

 湿気がこもらない状況をつくるには、

 1.通気性の良い寝具を選ぶ

 2.吸湿性の良い寝具を選ぶ

 3.季節にあった寝具を選ぶ

  上記内容がポイントとなります。

 具体的には、好みやそれぞれ都合もあるかと思いますが、湿気対策を考えた場合、素材は吸湿性、通気性の良い綿や麻、シルク等の天然繊維がおすすめです。
 最近では、掛布団の生地やカバーに使用されている素材がポリエステルの商品も良く見かけます。軽量で価格が安い等長所もありますが、汗を多くかく方は天然繊維をおすすめ致します。

 また、暑がりな方、汗をよくかく方は、敷パットやキルトケット等、中綿入りの場合、中綿の素材も綿や麻、シルク等の天然繊維がおすすめです。ちなみに、綿の場合、>脱脂綿と呼ばれる油脂分を取り除いている物がよりおすすめです。

 当店では、パシーマと呼ばれる脱脂綿とガーゼつくられたやさしい寝具を取り扱っております。この商品は吸水性、保温性、通気性に優れた機能があります。、また、医療用純度に高めた脱脂綿を使用し、蛍光増白済や抗菌剤を使用していない為、汗っかきな方、赤ちゃんや肌が敏感な方にも安心です。

 お洗濯に対する耐久性があり、洗うほどに肌ざわりが良くなり、吸水性もよくなるので、ながく快適にご使用頂けます。

 肌掛けやシーツとして使えるキルトケットや敷寝具に使えるパットシーツ等があり、より良い睡眠環境を整える事が出来ます。

20240212_133618.jpg

 この他、さらに保温性をお求めの方には、吸湿した湿気を熱に変える天然繊維、メリノウールの毛布や敷毛布もおすすめです。


20240212_132759.jpg

 天然繊維が体質的に合わない方もいらっしゃるかと思います。その場合は、シルクより細いこう極細繊維を使用し、吸湿・速乾やソフト加工が施されているダクロン毛布がおすすめです。

20240212_132650.jpg

 いずれにしても、身体に触れるものは、少しでも通気性、吸湿性が良い物を使用し、湿気がこもらない様にお気をつけ頂けますと幸いです。

 ちなみに、過度なストレスやアルコールの過剰摂取、ホルモンバランスの乱れによっても寝汗をかくようです。また、病気のサインの可能性もあるそうですので、寝具や生活習慣を整えながら、寝汗の状況をチェックされてみてはいかがでしょうか?

 脳や身体を休め、神経を整え、身体の回復や成長を促す。その他にも免疫力向上や記憶の定着などにも影響がある睡眠 皆様もより良い睡眠で快適で元気な生活を目指してみませんか?

 当店の体験コーナーでは、より質の高い睡眠の為におすすめな寝具をご説明しながらお試し頂けます。

 気軽にご相談くださいかわいい

 皆様からのお問合せ、ご来店 お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)(定休日の火曜日は除きます)

 

 

 
posted by 快眠工房 at 13:39| 日記